-

初めての方向けのFXの書籍では、「損失を被った状況ではナンピンで全体の平均の買い付けコストを抑える」とアドバイスしているが正直ここには目に見えない隠れたリスクがあります。とりあえず、ナンピンの理屈について手短に記述しておきます。一例として100円で1ドルを買ったとします。$買いだからドル高に推移するほど利益が出るわけだが、反対に1ドル=95円までドル安が進んでしまったとします。この場面で所有し続けたら損失が回復するまでには、損失分、円安に動かなければなりません。投資家であれば、損失はなるべく早く取り戻したい思うでしょう。このためはじめに売買したのと同じだけの$(ドル)を、1ドルを95円で取引します。それによって、ポジションの平均の単価は97円50銭まで抑える事が出来ます。その結果、半分の幅で円安が進むと赤字を回復できます。それが、ナンピン買いの仕組みです。このとおり、ナンピン買いの原理を耳にすると「確かに」という風に思うが為替相場は易々と思った通りにはなりません。最初から、95円が底だということなど誰にも分かるはずがありません。仮に、為替がかなり強いドル安地合だったら、1ドル=95円では下げ止まらずにより円高ドル安が加速する確率がある。たとえば、1ドル97.50円でナンピンをして、1ドル95円まで円高ドル安に向ったらナンピン買いしたポジションにも、為替差損が生まれてしまいます。そういう状況では一番初めに注文したドルと一緒に、より大きな為替差損が生じる事になります。この通り、ナンピン買いは厄介です。それでは、為替相場が自身のシナリオとは反対の方向にさっと向ってしまった場合どういった手法で危険を回避すればいいのでしょうか。こういう場合には取るべき選択肢は多くはありません。ひとつめは観念して損を確定する事です。別の方法としては、今現在、自分が所持している買いポジションを小さくする事で再び為替相場が戻るのをひたすら待ち望む事だけです。ずいぶん主体性のない術だと感じる投資家もいるkもしれません。だがしかし、持っているポジションに損が生じた場合一番危険の少ない手法はこの2つ以外にはありえません。無論、理論としてはナンピン買いをするという手段もあるように思えます。しかしながらナンピンは、自分が損失を出している状態にもかかわらず、ポジションを減らすどころかそれとは逆にポジションを積み重ねていく手法です。この手段では、危険を管理することなどどう考えても不可能だと思ったほうがいいです。ナンピン買いを続ければ最終的には損失が回復するかもしれません。でも、それより前に投資資金が足りなくなってしまいます。